• トップ

履歴書の綺麗な作り方と重点

求人へ応募する時の履歴書

求人に採用されるポイント

求人へ応募する時の履歴書の書き方は、ある程度は共通した書き方というものがあります。勤務地については、基本的には書く必要はありません。しかし、会社名を書くときに、「A株式会社の神奈川支店に入社」というように、支店名までも書いておけば、調べれば勤務地もわかるようになります。しかし、履歴書にはシンプルに「A株式会社入社」と記載をしておいて、職務経歴書のほうに詳細を記入するというのが良いでしょう。同じエリアに複数の支店を持っているような会社の求人へ応募する場合などでは、希望の支店・勤務地を記載することもあります。派遣会社に登録をして、寮に入って働く場合にも、希望の勤務地を聞かれることがあります。そのような場合には、しっかりと希望を伝えておきましょう。採用された後で、「やっぱりこの勤務地は嫌なので、辞退します」などと言うと、企業に余計な手間をかけさせてしまうことになります。求人へ応募する時、履歴書の書き方はある程度は勉強しておきましょう。自己PRや志望動機が重要になりますが、一定のルールのようなものはあるので、知っているか知らないかで差がつくこともあります。面接で直接アピールをすることが得意な若者は多いですが、書類選考で落とされてしまったら意味がありません。

↑PAGE TOP